平取町のオンライン観光ツアー

コロナ禍で旅行するのを控えている方が多いかと思います。

そんな中、オンラインでバスツアーのようにアイヌ文化を探訪する新しい企画があるのでお知らせします。

申し込みをすると、平取の特産品(私も大好きな平取トマトのジュースも!)と旅のしおりが事前に自宅に届きます。時間になったら、自宅にいながら観光ガイドをしてもらえるという面白い試み。

平取だけでなく、オープンしたばかりのウポポイにもオンライン上で訪問できるようですよ!

1回、15組限定のようなので興味ある方は早めにお申し込みください

二風谷の女性3世代の記事

「Ainu |ひと」の中でも印象深いとよく言われるムックリ(口琴)を奏でていただいた関根真紀さんのご一家の記事です。

お母さんの雪子さんは、樹皮から糸を作って織るアットゥの名人で、文化庁長官賞を始め数々の賞を受賞されています。

娘さんの摩耶ちゃんは現在大学生。日常会話や料理の話題など、とっつきやすいテーマでアイヌ語のYouTubeチャンネルを続けています。

写真からもわかると思いますが、3人とも、とても明るくて素敵な女性です。

アットゥは、映画の中では、鍋澤さんが着物を着ておられますし、萱野れい子さんが、織物を教えているシーンでも出てきます。

上記の反物はオヒョウという貴重な木の樹皮です。映画の中では、シナの木から皮をはぎ、煮て乾かすところまでを紹介していますが、木の種類が違うだけで、プロセスは同じです。この後、糸作り、糸伸ばし、反物を織る作業、そこから着物を作るのは大変な手間と時間がかかります。

彫刻家・貝澤徹さんの記事

ウポポイの国立アイヌ民族博物館のために新作を作った平取町在住の貝澤徹さんの記事を朝日新聞で見つけました。他の作品も載ってます。彫刻家である徹さんの想いを読んでみてください。

ウポポイ開業の記事

   

9月3日の朝日新聞の記事です。説明文は、日本語ではなくアイヌ語が最初に書かれている事、差別に関するコメントなど、様々な視点で書かれているので、スクラップしておこうと思いました。

本文で北原教授が言っておられるように、「先住民の課題は、共に社会をつくる和人の課題でもある」という言葉に共感しました。

いま、世界中でBlackLivesMatterという黒人の人権を訴える運動が起こっていますが、すべての人が人種の壁を越えて一緒に考え、取り組まないと解決しない問題で、根幹は同じだと思います。

 

ウポポイがいよいよオープン

新型コロナウィルスの影響で、4月下旬からオープンが延期されていましたが、

ウポポイ(民族共生象徴空間)が、漸く7月12日にオープンしました。

ここには、国立アイヌ文化博物館や、アイヌ文化を知る体験型の様々な施設があります。

まだまだ感染防止の為に、予約が必要だったり人数制限などの対策が施されていますので、詳しくは、ホームページをご覧ください。

教育関係者用のページには団体や学校用の体験型プログラムもあって、面白そうだなと思いました。

オンラインショップではグッズの販売も始まっているようです。個人的には、施設内では売ってるカップとか持ち運び用のマグが欲しいなぁと思いましたが、これはまだオンラインショップには並んでなかったです。

Upopoyはアイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」だそうです。

また、ウポポイから車で1時間ちょっと走ると、映画撮影の地、平取町に行けます。7月は毎週土曜日、8月は毎週土日に、13:30から二風谷アイヌ文化博物館の近くのチセでアイヌの人たちによる語り部の会が行われています。

新型コロナウィルスの影響を十分考慮された上で、お時間がある方は、是非行ってみてください!

ニッポン・コネクション映画祭

第20回ニッポン・コネクション映画祭は全てオンラインでの開催となりました。

それでもたくさんのイベントやレクチャーなどが企画されて、楽しいものになっています。ウェブサイトは日本語・英語・ドイツ語で見れるようになっています。

イベントでは、ライブコンサート・料理・レクチャーなど。日本語の翻訳がつくものもありますので、こちらをチェックしてみてください。

他にも、役所広司さんのメッセージや、各監督のメッセージ、ブログでも各監督へ、3つの質問と答えが日本語と英語で掲載されています。

「Ainu|ひと」のページはこちら

6月11日・午後11時(日本時間)からは、ライブで日本の女性監督と “Female Futures?“と題されたイベントでディスカッションします。私たちは日本語で喋って、英語の通訳がつきます。

「情熱大陸」に平取町の彫刻家が出ます

ファンも多い長寿番組「情熱大陸」で5月31日(日)23時から平取町の彫刻家・貝澤徹さんが取り上げられます。もちろん全国ネットです!

平取町二風谷地区の目抜通り。国道に面した二風谷地区の中心地に「北の工房つとむ」というお店とアトリエがあって、私も何度も訪れていて、徹さんと呼ばせていただいています。

お土産屋さんもあるので、いつもいきなり行くんですが、徹さんは仕事の手を止めてにこやかに「コーヒーでもどうだい?」と美味しいコーヒーを入れてくださり、いろいろな話をさせて頂きました。お店とアトリエが繋がっているので、奥さんも手が空いたらいらっしゃって、一緒に加わったりして。

徹さんのおじいさんは、明治時代の名工と言われた有名な彫刻家です。ご自身は、二風谷の伝統的なアイヌ文様に現代アートをミックスさせた個性的な作風を得意とされています。

上の写真でちょっと見えてるアイヌ文様のカブトムシもそうですし、以前にブログで紹介しましたが、札幌の地下鉄の駅近くにあるミナパでは、一番大きくて象徴的な巨大フクロウにジッパーをあしらった服を合わせるという発想で、一本の木から素晴らしい作品を創られました。自然の木にある穴や、それぞれの木の歪みなどを見て、その形を活かした発想をされるのです!

徹さんの作品は、イギリスの大英博物館にも所蔵されています。そんな一流彫刻家の徹さんなのですが、写真を見てもわかるように、優しい笑顔が素敵で「目立つのは得意じゃない・・・」とおっしゃる謙虚な職人さんなのです。私は二風谷アイヌ文化博物館のロビーの展示映像を作った折に、徹さんにインタビューした事があります。平取町に行く機会がある方は、徹さんのお店「北の工房つとむ」に行ってみてください。大きな看板なのですぐにわかると思います。それから、博物館の展示映像は入ってすぐですので、もし徹さんに会えなかったらインタビューを聞いてみてください。ウトレントクさんの思い出や、彫刻家になった経緯、アイヌ文様の説明なども喋っていただいています。

「情熱大陸」は、ぜひ、たくさんの人に見て欲しいです

コロナ禍はバーチャルミュージアムで!

新型コロナウィルスの影響により、博物館や様々な施設、イベントが閉鎖中ですが、バーチャルミュージアムという形で、インターネットを使って、出かけなくても博物館を楽しめるサービスを始めているところがあります。

その中で、アイヌに関する情報を得られるものを2つご紹介します。

みんぱく(国立民俗学博物館)

おうちでみんぱく」子供向け(だけど大人でも楽しいかも)

民族衣装への塗り絵や、紙ビーズ、立体的なおもちゃも作れる型紙のダウンロードなど。

バーチャルミュージアムでは、実際の博物館の中が3Dで表示され、マウスで操作しながら好きな展示を見る事ができます。

★北海道博物館

おうちミュージアム

アイヌだけでなく北海道にちなんだ様々な情報や遊びが今のところ、第24弾まで載ってます。編み物とかカルタなどの手を使って子どもと遊べるグッズ紹介、アイヌ料理のレシピも載ってますよ。

★★北海道から沖縄まで、全国にあるその他のバーチャルミュージアムのリストはこちら

せっかくなので、海外のも調べてみました。

こちらには10館。

イギリスの大英博物館、ニューヨークのグッゲンハイム、オルセーミュージアムやピカソなどなど・・・世界のアートをネット上で鑑賞することができます。

この記事では、美術館や博物館に加えて、動物園と水族館、テーマパークを取り上げてくれています。

ちょこっとチェックしただけですが、動物園と水族館はライブで動物の様子が見られるようですよ!バーチャルだけど、海外まで行かなくても行った気分になれるかも!?

アイヌの映画がNYのトライベッカ映画祭で受賞!

「AINU MOSIR」という映画(ドラマ)が、ニューヨークのトライベッカ映画祭で審査員特別賞を取ったという素晴らしいニュースのお知らせです。こちらに速報の記事が出てきます。トライベッカ映画祭は、2001年のニューヨークでのテロからの復興を願ってロバート・デ・ニーロら3人が始めた映画祭で、アメリカ国内でも大きな映画祭として有名です。上でリンクを貼った記事にも書いてありますが、国際/ドラマ/コンペのカテゴリーで日本映画が受賞するのは、本作が初めてだそうです。

「アイヌモシ」というアイヌ語の解釈は諸所ありますが、私の映画では「アイヌの大地」と訳しています。アイヌは人間、モシは大地で、「人間の大地」「人間の静かな大地」と訳される事もあります。

「AINU MOSIR」の撮影の舞台は阿寒町です。阿寒湖のマリモが有名で、アイヌコタンというアイヌ関連のお店などが集まったコミュニティもあって私も一度訪れた事があります。

脚本・監督は、北海道出身の福永壮志さん。ちょうど私が撮影を始めた2016年の夏に、福永さんが平取町を来訪されていて、お会いした事もあります。当時、福永さんはニューヨークに住んでおられたので、偶然、同じ町で会うなんて、やっぱり平取は人を惹き寄せる場所だなぁと思っていました。その後、福永さんはフランスのカンヌ映画祭の脚本を支援するプログラムに選出されて、パリに行かれたので、結局ニューヨークでは再会できませんでした。

私が平取で上映会をした2018年の夏に、阿寒で撮影中と新聞に出ていたので、いよいよ完成が近づいてきたなぁと、その時から楽しみにしていました。

ドキュメンタリーとドラマ形式の制作方法は全く異なります。私が今回作ったドキュメンタリーは、撮影・編集・仕上げは、基本全て私が行っていて、予算も私が賄える範囲なので小規模です。台本はなく、大まかに準備した構成に沿って、その時に撮影できる事を文字通りドキュメントします。イベントなどは撮り直しできませんから、一発勝負。失敗したら終わりです。

一方で、ドラマは時間をかけて脚本を練り上げ、役者さんを吟味し、撮影ではカメラ・音声・照明・メイクアップなど様々な分野の専門スタッフが協力し、撮影の時もベストのテイクが撮れるまで行われます。何回も撮れるとはいえ、全ての職人が完璧な瞬間を狙って撮りますから、現場の緊張感はかなり張り詰めています。予算も手間もスタッフも大規模です。一般的にはドラマの方が華やかで、人気があるのではないかと思います。

私もドラマ形式の仕事をした経験は何度かありますが、ドキュメンタリー現場の方が、自分の性格に合っていて好きだったので、これまでドキュメンタリーを中心にした仕事をしてきました。視聴者としては、両方観ますが、どちらかというとドラマの方を好んで観てるかもしれません。

福永さんの撮影中の記事を読んだ時、同じような時期に、ドキュメンタリーとドラマでアイヌの映画が出来るという偶然が結構嬉しかったのですが、今回のような有名な映画祭での受賞は、世界でアイヌが注目される大きなきっかけとなりますので、本当にすごい事だと思っています。トライベッカ映画祭は毎年今頃に行われるので、「AINU MOSIR」を観に行くのを楽しみにしていましたが、今年は新型コロナウィルスの影響で延期となってしまいました。

日本では、秋に公開予定ですので、どうかご注目ください。ドキュメンタリーとドラマ、両方観る事で、様々な事を多角的に感じ、考えていただけたら嬉しいです。

民族衣装・変身リレー

コロナ禍が全世界に広がっている今、様々なイベントがキャンセルされ、殆どの人が自宅で過ごす日々が続いています。ワクチンがないので、まさに世界中の一人一人が感染に気をつけて、拡大防止に取り組まないといけない時ですね。

そんな中、SNS上ではリレー形式で、本の表紙・料理のレシピ・子供の頃の写真などなど、色々な写真をシェアして楽しむ人が増えているようです。先日「民族衣装・変身リレー」というのをFacebookで見つけました。

アイヌバージョンは、↓下記(youtube)↓です。メイクブラシを使うアイデアや画像の転換方法も面白いし、次にどんな衣装が登場するのかなと、どんどん見てしまいます。個性あふれる出で立ちで笑顔を見せる女性たちは、皆さんキラキラしています。知り合いの人も出てきて嬉しかったです。音楽は「ク リムセ(弓の舞)」のかっこいいアレンジの「DUB ARROW」で、アイヌ音楽の魅力を発信し続けておられるOKI さん自身が選曲されたそうです。たくさんの人に紹介したくなりました。

Facebookではmoymoye(モイモイエ)というページで発信されています。moymoyeはアイヌ語で「動かす」という意味だそうです。

外出制限令の最中、物理的に動けず、人とも会えなくて寂しい時でしたが、このビデオで心を動かされ、元気を頂きました!ありがとうございました。

この「変身リレー」は調べてみると、TIKTOKという、スマホやタブレットで、映像をあげたり編集したりするプラットホームを使うユーザーが始め、世界各地で広がっているようです。メディアリテラシーや、倫理・プライバシーへの責任などについて、様々な議論がありますが、このように市民の誰もが、映像を発信できる時代になり、商業メディアに加えて、多様なコンテンツが存在するのは良い事だと私は思っています。

他にもアメリカ東北部のモホーク民族のバージョン、ネイティブアメリカンのバージョンなどなど。ハッシュタグで検索すると色々と出てきますよ。

#PasstheBrushChallenge #MakeupBrushChallenge