ロンドンのディスカッション|録画映像

10月15日に、イギリス・アメリカ・日本をつないで行われたパネルディスカッションの録画映像が届きました。当日はライブで約200人の参加者がありました。

英語をメインにしたいという事だったので、英語の部分も多いですが、Youtube の右下のネジの所をクリックすると日本語の自動翻訳を選択する事ができます。(変な日本語になるとは思いますが・・・)

映画制作を始めた時期は2015年と言う所を、私は2004年と間違えて言ってしまった事に録画を見て気づきました。2004年はアメリカに来た年で、コミュニティメディアに強い関心を持った時期だったので、緊張してたのか、ごっちゃになってしまったようです。

このように現地のコミュニティの人に参加いただくディスカッションはとても意味があると思うので、今後も提案していきたいと思っています。

尚、ネイティブスピリット映画祭では、映画(61分・英語字幕版)の上映期間は一週間のみだったのですが、11月15日まで延長される事になりました。リンクはこちらです。

関根摩耶さんが発信しているYoutube  チャンネルや関根真紀さんを始め二風谷の工芸家を紹介する匠の道もぜひ、ご覧ください。

10月に掲載された「アイヌ学習の今」に関する記事をご紹介します。ディスカッションにも出演いただいた関根健司さんの声や二風谷での学習の様子も書かれています。

この記事にはないですが、健司さんは「テ・アタランギ」というマオリ語の習得方法に倣い、日本語は一切使わず、アイヌ語だけで、様々な色のレゴのような物を使った方法でも教えています。私も2回ぐらい参加した事があります。

何人かで車座になって、先生が言っているアイヌ語を聞いて想像します。先生がみんな理解したな!と思った段階で、別の相手に自分の聞きたい事を伝えます。例えば「トイレに行きたいです」を「xx商店に行きたいです」とかって言う感じで・・・・南米の先住民のコミュニティに行った時は、重要な単語だけ覚えて、こんな感じで会話してたなぁと思い出したりして、面白かったです。

今年の秋も平取はイベント満載

先日、オンラインのイベントをご紹介しましたが、平取町では様々な参加型のイベントも秋に行われています。「Go Toキャンペーン」を利用して旅行に行きたい!という方にはオススメです。

ただし、くれぐれもコロナウィルスの感染予防や拡散にお気をつけ頂いた上で、ご旅行ださい。

▶︎Facebook/Instagramフォロワー合計1000名以上の方に1泊2日の平取観光ご招待!

11/14-15

11/21-22

▶︎ゴールデンカムイ謎解き宝探し「二風谷に眠る秘宝2」

10/3-11/1

▶︎二風谷アイヌ文化博物館・特別展「沙流川流域のウウエペケレ」*散文説話=普通の人間が主人公となり節をつけずに散文で語られる物語。

映画に登場する人たちのお母さん方も含め、貴重な映像や展示ご覧になれます。もちろん、ネイティブスピーカーですよ!

10/1-11/29

11/14 「特別展関連講座」講師:中川裕氏(千葉大学教授)

平取町のオンライン観光ツアー

コロナ禍で旅行するのを控えている方が多いかと思います。

そんな中、オンラインでバスツアーのようにアイヌ文化を探訪する新しい企画があるのでお知らせします。

申し込みをすると、平取の特産品(私も大好きな平取トマトのジュースも!)と旅のしおりが事前に自宅に届きます。時間になったら、自宅にいながら観光ガイドをしてもらえるという面白い試み。

平取だけでなく、オープンしたばかりのウポポイにもオンライン上で訪問できるようですよ!

1回、15組限定のようなので興味ある方は早めにお申し込みください

二風谷の女性3世代の記事

「Ainu |ひと」の中でも印象深いとよく言われるムックリ(口琴)を奏でていただいた関根真紀さんのご一家の記事です。

お母さんの雪子さんは、樹皮から糸を作って織るアットゥの名人で、文化庁長官賞を始め数々の賞を受賞されています。

娘さんの摩耶ちゃんは現在大学生。日常会話や料理の話題など、とっつきやすいテーマでアイヌ語のYouTubeチャンネルを続けています。

写真からもわかると思いますが、3人とも、とても明るくて素敵な女性です。

アットゥは、映画の中では、鍋澤さんが着物を着ておられますし、萱野れい子さんが、織物を教えているシーンでも出てきます。

上記の反物はオヒョウという貴重な木の樹皮です。映画の中では、シナの木から皮をはぎ、煮て乾かすところまでを紹介していますが、木の種類が違うだけで、プロセスは同じです。この後、糸作り、糸伸ばし、反物を織る作業、そこから着物を作るのは大変な手間と時間がかかります。

彫刻家・貝澤徹さんの記事

ウポポイの国立アイヌ民族博物館のために新作を作った平取町在住の貝澤徹さんの記事を朝日新聞で見つけました。他の作品も載ってます。彫刻家である徹さんの想いを読んでみてください。

ウポポイ開業の記事

   

9月3日の朝日新聞の記事です。説明文は、日本語ではなくアイヌ語が最初に書かれている事、差別に関するコメントなど、様々な視点で書かれているので、スクラップしておこうと思いました。

本文で北原教授が言っておられるように、「先住民の課題は、共に社会をつくる和人の課題でもある」という言葉に共感しました。

いま、世界中でBlackLivesMatterという黒人の人権を訴える運動が起こっていますが、すべての人が人種の壁を越えて一緒に考え、取り組まないと解決しない問題で、根幹は同じだと思います。

 

ウポポイがいよいよオープン

新型コロナウィルスの影響で、4月下旬からオープンが延期されていましたが、

ウポポイ(民族共生象徴空間)が、漸く7月12日にオープンしました。

ここには、国立アイヌ文化博物館や、アイヌ文化を知る体験型の様々な施設があります。

まだまだ感染防止の為に、予約が必要だったり人数制限などの対策が施されていますので、詳しくは、ホームページをご覧ください。

教育関係者用のページには団体や学校用の体験型プログラムもあって、面白そうだなと思いました。

オンラインショップではグッズの販売も始まっているようです。個人的には、施設内では売ってるカップとか持ち運び用のマグが欲しいなぁと思いましたが、これはまだオンラインショップには並んでなかったです。

Upopoyはアイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」だそうです。

また、ウポポイから車で1時間ちょっと走ると、映画撮影の地、平取町に行けます。7月は毎週土曜日、8月は毎週土日に、13:30から二風谷アイヌ文化博物館の近くのチセでアイヌの人たちによる語り部の会が行われています。

新型コロナウィルスの影響を十分考慮された上で、お時間がある方は、是非行ってみてください!

ニッポン・コネクション映画祭

第20回ニッポン・コネクション映画祭は全てオンラインでの開催となりました。

それでもたくさんのイベントやレクチャーなどが企画されて、楽しいものになっています。ウェブサイトは日本語・英語・ドイツ語で見れるようになっています。

イベントでは、ライブコンサート・料理・レクチャーなど。日本語の翻訳がつくものもありますので、こちらをチェックしてみてください。

他にも、役所広司さんのメッセージや、各監督のメッセージ、ブログでも各監督へ、3つの質問と答えが日本語と英語で掲載されています。

「Ainu|ひと」のページはこちら

6月11日・午後11時(日本時間)からは、ライブで日本の女性監督と “Female Futures?“と題されたイベントでディスカッションします。私たちは日本語で喋って、英語の通訳がつきます。

「情熱大陸」に平取町の彫刻家が出ます

ファンも多い長寿番組「情熱大陸」で5月31日(日)23時から平取町の彫刻家・貝澤徹さんが取り上げられます。もちろん全国ネットです!

平取町二風谷地区の目抜通り。国道に面した二風谷地区の中心地に「北の工房つとむ」というお店とアトリエがあって、私も何度も訪れていて、徹さんと呼ばせていただいています。

お土産屋さんもあるので、いつもいきなり行くんですが、徹さんは仕事の手を止めてにこやかに「コーヒーでもどうだい?」と美味しいコーヒーを入れてくださり、いろいろな話をさせて頂きました。お店とアトリエが繋がっているので、奥さんも手が空いたらいらっしゃって、一緒に加わったりして。

徹さんのおじいさんは、明治時代の名工と言われた有名な彫刻家です。ご自身は、二風谷の伝統的なアイヌ文様に現代アートをミックスさせた個性的な作風を得意とされています。

上の写真でちょっと見えてるアイヌ文様のカブトムシもそうですし、以前にブログで紹介しましたが、札幌の地下鉄の駅近くにあるミナパでは、一番大きくて象徴的な巨大フクロウにジッパーをあしらった服を合わせるという発想で、一本の木から素晴らしい作品を創られました。自然の木にある穴や、それぞれの木の歪みなどを見て、その形を活かした発想をされるのです!

徹さんの作品は、イギリスの大英博物館にも所蔵されています。そんな一流彫刻家の徹さんなのですが、写真を見てもわかるように、優しい笑顔が素敵で「目立つのは得意じゃない・・・」とおっしゃる謙虚な職人さんなのです。私は二風谷アイヌ文化博物館のロビーの展示映像を作った折に、徹さんにインタビューした事があります。平取町に行く機会がある方は、徹さんのお店「北の工房つとむ」に行ってみてください。大きな看板なのですぐにわかると思います。それから、博物館の展示映像は入ってすぐですので、もし徹さんに会えなかったらインタビューを聞いてみてください。ウトレントクさんの思い出や、彫刻家になった経緯、アイヌ文様の説明なども喋っていただいています。

「情熱大陸」は、ぜひ、たくさんの人に見て欲しいです

コロナ禍はバーチャルミュージアムで!

新型コロナウィルスの影響により、博物館や様々な施設、イベントが閉鎖中ですが、バーチャルミュージアムという形で、インターネットを使って、出かけなくても博物館を楽しめるサービスを始めているところがあります。

その中で、アイヌに関する情報を得られるものを2つご紹介します。

みんぱく(国立民俗学博物館)

おうちでみんぱく」子供向け(だけど大人でも楽しいかも)

民族衣装への塗り絵や、紙ビーズ、立体的なおもちゃも作れる型紙のダウンロードなど。

バーチャルミュージアムでは、実際の博物館の中が3Dで表示され、マウスで操作しながら好きな展示を見る事ができます。

★北海道博物館

おうちミュージアム

アイヌだけでなく北海道にちなんだ様々な情報や遊びが今のところ、第24弾まで載ってます。編み物とかカルタなどの手を使って子どもと遊べるグッズ紹介、アイヌ料理のレシピも載ってますよ。

★★北海道から沖縄まで、全国にあるその他のバーチャルミュージアムのリストはこちら

せっかくなので、海外のも調べてみました。

こちらには10館。

イギリスの大英博物館、ニューヨークのグッゲンハイム、オルセーミュージアムやピカソなどなど・・・世界のアートをネット上で鑑賞することができます。

この記事では、美術館や博物館に加えて、動物園と水族館、テーマパークを取り上げてくれています。

ちょこっとチェックしただけですが、動物園と水族館はライブで動物の様子が見られるようですよ!バーチャルだけど、海外まで行かなくても行った気分になれるかも!?