映画制作の始まり

*GARA FILMSのブログより転記 (2016年)

平取町立二風谷アイヌ文化博物館と協働で映像記録を始めました。

今年は、この夏で3回目の訪問となります。

古老たちの話、カムイユカラなどの口承文芸、地元のアイヌ文化に関連する景観やイベントなどを記録。

これらを、総括してドキュメンタリー映画に昇華させたいと考えています。

 

私のアプローチは、地元との密接な協働です。

インタビューも地元の人が聞きたいこと、残したいことを地元の人に

聞いてもらい、その上で、私が外の立場から聞きたいことを加えました。

 

平取町には、アイヌ民族が多く暮らしています。

アイヌ語や文化を学ぶ人も多く、継承する活動も盛んな街なので

これまで、国内外からも多くの人が訪れ、ドキュメンタリーも作られてきました。

でも、地元には、それらの映像が残っていません。

本企画では、特に地元の後世に継承する為の映像を記録したいと思いました。

加えて、国内外でも上映することで、豊かなアイヌ文化や人々の暮らし、想いを沢山の人に

伝えたいと考えています。

この10年あまり、市民メディアにこだわってきた私としては、地元の人が自ら

ビデオ撮影や制作をしてもらいたいという気持ちがあります。

2月、地元の人の要望もあって、博物館と近くの別の事務所の人に声をかけ、

パイロット版のビデオワークショップも行いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です